腸活米は食べるとどんな効果が得られる?どんな人におすすめ?

腸活米

腸活米とは?

日本において初めてとなる特許製法の腸活米は、お腹から健やかをもたらす乳酸菌が、なんと100憶個も入っています。

現代人は毎日が忙しく、体のことは気になるけれども、食生活を完璧にするにはいかんが足りません。

不規則な生活はよくないことを知っていますが、光のような速さで過ぎる暮らしの中で、自分の食べることだけにスポットを当てるのは難しいです。

無理なダイエットを繰り返したりすると、痩せては太っての繰り返しになり、体重は減りにくくなります。

でも運動をするには時間が足りず、栄養バランスの完璧な食事も難しい、そんな人にうってつけなのが腸活米です。

雑穀米や玄米も体にいいと耳にするものの、食感や味わいに苦手意識を持つこともあります。

我慢のし過ぎは暴飲暴食につながりますし、偏った食生活は心身の健康を蝕むばかりです。

腸活米はどんな人に向いている?

すっかり疲れた腸を元気にしたい人にも、腸内環境を改善したい人に向いています。

腸活米を習慣的に食べるようになることで、乱れやすい腸内環境を正常化に向かわせるなど、嬉しい効果が満載です。

第二の脳と呼ばれるほど体の中でも大事な腸であり、良い状態に改善するには日々の食事でも、食物繊維や乳酸菌を十分に摂取することも必要になります。

昔から日本には漬物やみそなどをはじめ、自然由来の乳酸菌とともに食物繊維豊富な食事が食べられてきました。

献立にこうした発酵食品や野菜をたっぷり入れるのは良いことですし、お米は太るといって食事から除去する必要はありません。

半身浴をしたり運動習慣をつけるのも良いことであり、十分な栄養のある食事も心掛けることです。

飽きることなく完璧な献立を考えるのは大変ですが、主食の白米を見直せば無理はありません。

腸活米の効果は驚きの成分にあります

梅の花乳酸菌は植物性であり、パウダーにしてコーティングしてあります。

過熱しても効果が消えることなく、炊飯しても乳酸菌は消えませんし、一善のご飯で100憶も摂取できる優れものです。

豊富な食物繊維にも恵まれているのは、おからパウダーを配合しているためであり、お通じの良くなることでも腸は改善されていきます。

ほのかな自然の甘みはオリゴ糖がコーティングされているためであり、砂糖の原料として北海道特産のてんさいを使用、腸ケアにぴったりなのも難消化性オリゴ糖です。

健康な腸を手に入れることができれば、便通が改善されてお腹もスッキリして、体重が適正になったり肌が良くなったり、免疫力が向上をするなど良いことがたくさんあります。